スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

澤谷 鑛先生のセミナー

先日(23日金曜日)に澤谷 鑛先生のセミナーを受けてきました。

澤谷先生のセミナーを知ったのは、半年ほど前に野口さんの鏡の法則という本を読み。
ナポレオン・ヒルの思考は現実化するを読み。
自己啓発に目覚めてから、いろいろなサイトや本を読み漁っていたら、
偶然にもいや、必然的に澤谷先生のブログにいきつき、セミナーを受けるに至ったわけです。

なぜか、直感的な「これだ!」という想いが私を引きつけたのです。

いろいろと勉強しているうちに
自分の可能性は無限である。
思い描いたことが、現実を引き寄せる。
幸せな人生を送るために。
などと考えているうちにこのブログと出会いました。

そして、人が幸せな人生を送れるサポートをしたい。
人と幸せを分かち合えたら、とても素晴らしいだろう。
と思っていた、そのときにこのブログと出会い。
『幸せな人生をサポートする人材養成講座』
の告知を見た時には、鳥肌すらたちました。

直感的に私が求めていたものとの出会いを感じた私は
澤谷先生のご著書を拝見し、共感を覚え
すぐに、セミナーと養成口座への申し込みを行いました。
今から、およそ1ヶ月前の話です。

そして、ようやく先日セミナー開催日となりわくわくしてセミナーに望みました。

結果は、
自分自身の殻をひとつ割ったような感じです。
セミナーのワークでは、「心のデトックス」を行ったのですが
私は自分自身のデトックスを行いました。

今まで自分自身に対して
こんなことできるかな?
所詮俺なんかが・・・
そうは言っても・・・
というような、無価値感や自分への信頼のなさが心の中にあり
自ら「心のブレーキ」をかけていました。
それが、スーッとなくなった気がしたのです。
いえ、なくなりました。

今現在起きていることも、全ては良くなる過程の出来事。
そう思うと、不安なことはなくなりますし。
自分を信頼することの大切さを身をもって感じました。

人の幸せをサポートしたい。
人と幸せを分かち合いたい。
と改めて感じることができた、有意義な1日でした。

澤谷先生のブログと、ご著書をご紹介しておきたいと思います。

ブログはこちら
    ↓
http://plaza.rakuten.co.jp/kizuna1/

ご著書はこちら
    ↓


本日も、よろしければポチッと一押しお願いします。
    ↓
FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

theme : 成功をかなえる自分に向かって
genre : ビジネス

ナポレオン・ヒルプログラム

先日、ナポレオン・ヒルプログラムの請求をしてみました。

ナポレオン・ヒルといえば、「思考は現実化する」の本で有名な成功法則を生み出してきた方です。

それをさらに進歩させた、プログラムがあるとのことだったので、資料を請求したのですが。。。

昨日、その担当者の方から電話がありました。
具体的に私が思い描いている夢や、将来の話をして、
簡単にプログラムの説明がありました。

「簡単に」というのは、私が資料を持っていなかったため、それ以上の話に進まなかったのですが。
どうやら、現在では科学的根拠に基づき、大脳生理学をもとに
潜在意識に夢や目標を植えつけるということが可能とのこと。

また、潜在意識に入ったかどうかを確認する作業もできる。
というのが、このプログラムの凄いことのようだ。

担当者氏曰く、潜在意識に植え込むということが非常に難しいことであり。
ほとんどの人が潜在意識に植えつけるができずに夢半ばであきらめてしまうようだ。

ところが、このプログラムを使用することにより、限りなく100%に近い数字で植えつけることができるというから凄い。
もちろん、プログラムを使わずに潜在意識に入り込める人も数多くいるらしく
宝地図などのテクニックを屈指することで潜在意識に入り、成功する人がいることも事実。

そして、潜在意識に入っているかどうかの確認も科学的に分析できるのだが、
この科学的と言っているのが「感覚」なのだそうです。

ん?!というカンジがしたので、いろいろと質問を投げかけたのだが、
その場では私が納得できる回答はいただけなかった。
次回の説明時にはあきらかになる。
こちらとしても、説明の順番があるので・・・。
と担当者氏は言っていたが。。。
果たして、その答えはどのようなものなのであろうか?
次回の電話で明確になることが今から楽しみです。

今日も、よろしかったらポチッと一押しおねがいします。
    ↓ 
FC2 Blog Ranking

theme : 成功をかなえる自分に向かって
genre : ビジネス

本田 健氏のセミナー

ナポレオン・ヒルの思考は現実化するを読み始めて3日後。
タクシー運転手C氏の言っていたもうひとつのキーワード
「本田 健」を偶然にも、いや必然的に目にすることになりました。

いつものようにパソコンを立ち上げてメールをチェックすると
ある、メルマガがきておりました。

そこには
『本田 健セミナー開催決定』
なんと、本田健さんが東京でセミナーを行う告知のメールだったのです。

本田氏は「ユダヤ人大富豪の教え」や「きっとよくなる」等多数の著者でいずれもベストセラーとなっている作家さんです。
(私もそれまでは知らなかったのですが・・・)
そして、現在はセミリタイアしてボストンに住んでいるとのこと。
今回、子供さんの夏休みに合わせて一時帰国するため、その日程に合わせて全国各地でセミナーを行うということです。
今回のセミナーを逃すと、早くて一年後の同じ時期でのセミナーまで開催予定はない。
ということでした。

鏡の法則を読み、タクシー運転手の薦めた思考は現実化するを購入し、これまたC氏の言っていた「本田健」氏のセミナーが開催されることを知りました。
まさに、シンクロニシティであると確信した私は早速、本田健氏のセミナーに申し込みをしました。

そのセミナーのタイトルは
「好きなことを仕事にする8つのステップ」

申し込みから1ヶ月後にそのセミナーに参加し、またも私はいろいろな気づきを与えられました。
セミナーまでの1ヶ月の間に本田氏の本を読破しセミナーに望んだのですが。

好きなことを仕事にするその意味
なぜ好きなことを仕事に出来ないのか
好きなことを仕事にするにはどのようにしたらいいのか
幸せな小金持ちとはどういうことなのか
を学びました。

私にとっては、どれも新鮮なことばかり。
このような考え方があったのか!!

それからというもの
自分が好きなことはなにか
自分が一番輝いているときはどんな時か
なにをしたいのか
どんな人間になりたいのか
を自問自答する日が続きました。

鏡の法則の著者である野口氏が自身のブログで推奨している「わくわくチャレンジ」で勉強し
「思考は現実化する」で勉強し
ノートに気づいたことを記し
私なりの本格的な自己啓発生活がスタートし始めたわけです。

今日もポチッと一押し。お願い致します。
    ↓
FC2 Blog Ranking

theme : ビジネス
genre : ビジネス

「思考は現実化する」との出会い

タクシー運転手C氏から教えていただいた
『思考は現実化する』
『本田 健』
これを忘れないように、机にメモしてから私は床につきました。

翌日
早速アマゾンで「思考は現実化する」を検索。
ありました。ありました。
ナポレオン・ヒルが書いた「思考は現実化する」

以前からさほど読書好きでもない私は
たまに、思い出したように書店に行き
めぼしくて、おもしろそうな本があれば買って読む。
月に1冊か多くて2冊・・・年間10冊程度の読書量でした。
特に決まったジャンルもなく、小説やエッセイ、たまに自己啓発やビジネス書
といった本を読んでました。

その程度の私は
「ナポレオン・ヒル」や「本田 健」といった方のお名前すら聞いたこともなかったのです。

早速「思考は現実化する」を購入。
到着したその本を手に取り改めてビックリ。
厚い。 こんなに厚い本なんだ。
しかも、活字がギッシリ(当り前ですが・・・)

書店に入ってこの本が目に入っても購入するには至らないだろう。
と思えるような本でした。

まずはともあれ読み始めました。
そして、その内容の濃さにまたビックリしました。
自分自身の考えている事が現実化する。

人間には、潜在意識という計り知れない大きな意識、エネルギーが存在していて
その潜在意識を有効に活用することにより自身の能力が最大限に引き出される。
しかも、その能力は自身で思い描いているよりもはるかに大きな力があり
良いことにせよ悪いことにせよ、自分の考えていることが
現実として、具現化するというものでした。

まさに、人生は自分の心を映し出す鏡という「鏡の法則」と同じであり。
私がこの数日間で実体験した
長男の出来事、2件の朗報、タクシー運転手との会話
を全て納得せざるを得ない内容だったのです。

あのタクシー運転手C氏が言っていた意味にもすぐに合点がいきました。

この「思考は現実化する」という本との出合いによって
「成功法則」「潜在意識」を深く理解しようと思い始めたのでした。

そして、タクシー運転手C氏の言っていたもうひとつの
キーワード『本田 健』についても、この3日後に必然的に目にすることとなります。

このつづきは次回にお話しします。

今日も一押し。お願いします。
    ↓
FC2 Blog Ranking

不思議なこと3

我が家の長男のできごと。
相次ぐ2件の朗報。

そして、、、
不思議な出会いがまだ続いたのです。

ブログランキング。一押しお願い致します。
    ↓
FC2 Blog Ranking

「鏡の法則」を読み終えて次の日です。
その日、私は得意先との会食があり帰宅が遅くなりました。

私の住まいは駅からバスで20分ほどのところにあるのですが
会食を済ませて、最寄の駅に到着したころには
既にバスの運行は終了していました。

仕方がないので、私はいつもの通り
駅のロータリーでタクシーに乗込み行き先を告げます。

しばらくすると、そのタクシードライバーのC氏はこう話しかけてきました。
C「最近どうですか?お忙しいですか?」
まあ、いわゆるあたりさわりのない、世間話の決まり文句です。
私「いやぁ、あまりいいことないですね。つい先日も大きな仕事が流れちゃいまして。」
 「ほとんど、決まりかけてた仕事だけに本当に痛いですよ。」
C「そうですか。仕事は決まるまで、わからないですからね。」
とC氏は続けます。
C「私もね、以前営業マンだったころには、随分苦労しましたよ。」

私「でも、世の中で自分の身の回りに起きる出来事には、なにひとつ無駄な事はない。と聞きますから、前向きに考えるようにしてるんですけどね。」
この私の一言がC氏になにか火をつけたらしい。
C「私もね。いろいろといままで勉強してきましたけどね。ある本を読んでから変わりましたよ。」
、とさらに続けます。
C「誰が書いたのかちょっと思い出せなのですが、、、『思考は現実化する』という本を読んだんです。」
私「『思考は現実化する』ですか・・・?」
C「そうなんです。この本は自分が思い描いていることが、人生として具現化しますよ。というような内容の本なんですけどね。」
ついには、運転手さんの経験談を話し始めてくれました。
C「私はね、今54歳になるんですけどね。30代のころから、株をやってたんです。
そのころは、多少小遣い稼ぎになればいいや。という気持ちでやってましたからね・・・
まぁ、儲かったり、損したりで。
それでも、小遣い程度にはなったから良かったんですけど。」

「でね。その本を読んだのが、3年前なんですけど。
それからは、『よし!株で1千万円儲けよう。』と決めたんです。」
私「それで、どうなったんですか?」
C「もう手の届くところまできてますね。
あと、もう少しで目標の1千万円はまちがいないと思いますよ。」
私「へぇ。すごいですね。そんなに、いいことが書いてあるんですか、その本は。」
C「ええ。たまたま読んだんですけどね。こんなぶ厚い本ですよ。」
といって親指と人差し指を広げて示します。
C「2千いくらだったかしたと思うんですけどね。いや~安い買い物でしたよ。」
そんな会話をしているうちに家の前に到着。

私「え~っと・・・本のタイトルなんでしたっけ?」
C「思考は現実化する」
私「『思考は現実化する』ですね。必ず読みます。」
 「ありがとうございます。いい話を聞かせてもらえました。」
すると、私が降りようとしたそのときにC氏がこう付け加えました。
C「お客さん、あとね『本田健』て言う人もお金について、いろんな本だしてるよ。
きっと参考になるから、読んでみたら。」
私「わかりました。ありがとうございます。」

なんてことのないごく普通のこのタクシー運転手C氏との会話が
さらに、私の人生をゆっくり大きく変えていくことになったのです。

よろしかったら、今日もポチッと一押し。
    ↓
FC2 Blog Ranking

不思議なこと2

前々回の記事で、「鏡の法則」を読んでから
我が家の長男のことで不思議なことがありました。

今回はその後に、私に起きた不思議なことを記したいと思います。

よろしかったら、今日もポチッと一押しお願いします。
    ↓
FC2 Blog Ranking

私はA氏に、ある依頼をしました。
私「・・・この件について、回答はいつ頃になりそうでしょうか?」
A「そうですねぇ。早くて来月早々ではないかと思います。」
この会話をした日はまだ、月の半ばであり今月はまだ2週間以上もあるのです。
私「そうですか。しかし、今月もまだ2週間以上ありますから、
なんとか今月中に回答していただけると助かるのですが・・・」
A「ん~・・・そうは言っても、ちょっと厳しいと思います。」
と難色を示すA氏。
A「一応、ご希望はわかりました。ただ、あまり期待しないで下さいね。」
というつれない返事でした。

そして、別件で私はB氏にアポイントをとっていました。
私「・・・ということで、今週中にでもお会いしたいのですが。」
B「わかりました。ただ、予定が詰まっておりまして。」
この会話は火曜日の話です。
B「今週中は難しいです。」
 「来週の後半くらいにならないと、予定は空けられないと思います。」
私「そうですか。なるべく早くご連絡いただけるようにお待ちしております。」
先方の予定について、こちらがとやかく言うことも出来ないので、
なるべく早くということで、会話は終了させてしまった。

そして、私はその日「鏡の法則」に出会い。
その日に読破したわけです。

・・・翌日・・・
B氏から電話が入りました。
B「急遽予定が空きまして。明日か明後日、時間がとれるのですが。いかがでしょうか?」
ビックリしました。
来週の後半じゃないと無理だと言っていたB氏が、急に明日か明後日のアポイントが可能になるなんて!!

そして、更にその翌日。
A氏から電話が入りました。
A「・・・例の件ですが。なんとか、早めに回答できそうです。」
私「本当ですか。それは、助かります。 いつ頃になりそうですか?」
A「早ければ、来週中に。遅くても再来週早々には、回答できると思います。」
ビックリです。
今月中はとてもじゃないが、無理だと言っていたA氏から
予定を1週間以上も早めて回答がいただけることになりました。


このような、朗報が2件もたて続けに起きるとは・・・。
単なる偶然でしょうか?
私は必然だと信じてます。


ブログランキング。一押しお願いします。
   ↓
FC2 Blog Ranking

宝地図

昨日、宝地図を作りました。
これは、宝地図ナビゲーターの望月俊孝さんが
推奨しているもので、自分の夢を宝地図として作ってしまうのです。

自分が将来手に入れたいという物や事柄を
イメージに合う写真をA1サイズのコルクボードに貼り付けていくのです。

その出来上がった『宝地図』を目立つところに置いておき
毎日見て、想像することで、潜在意識に訴えかけていくそうです。

そうすることにより、いつのまにかその夢は叶ってしまうのだそうです。

もちろん、それに見合った行動は必要になるわけですが、
強く潜在意識に刻むことにより、チャンスがやってくる。
チャンスが来たときに見逃さずに、ものにできることが可能となるようです。

この、『宝地図』を作ると、シンクロニシティが頻繁に起きる
ということなので、どんなことが起きるか今からワクワクしてます。

宝地図

全部出来上がってないので、まだまだこれから手を加えないと。。。


興味のある方は望月さんのHPをご覧ください。
   ↓
http://www.takaramap.com/

不思議なこと

「鏡の法則」を読んで
人への感謝の気持ち
人への信頼
穏やかな気持ち
の大切さを、我々夫婦は改めて感じました。

すると、その日の夜からさまざまな不思議な出来事が巻き起こりました。

夜7時頃中学1年の長男が部活を終えて帰宅しました。

長男は今年中学校へ入学し、部活は卓球を選択し楽しく中学校生活を送っております。
小学校時代はどちらかというと、引っ込み思案な性格もあり
自ら率先して友達をつくるタイプでもなく
決して社交的なタイプではなく、どちらかというと
嫌な役回りを知らず知らずのうちに押しつけられてしまい
自分の意見を友達に伝えたり、強く言えないような性格でした。
・・・と思ってました。

ところが、今日帰宅すると
「今日部活が終ってからね」
と長男が話し始めました。
「1年生だけで、片付けをしないといけないんだけどさ
僕を含めて3人は真面目に片付けをしてたんだけど
他の6、7人は遊んでばかりで全然片付けないんだよ。」
やっぱりそんな時にも、友達に片付けを求めるようなことは言えないんだろうな。
と思いながら、私と妻は彼の言葉に耳を傾けてました。
すると、予期せぬ会話がこのあと続いたのです。
「だからね、そんな遊んでる暇あったら早く片付けなよ。
って言ってやったんだ。」
と長男が言います。
「で、そのあとどうしたの?」
と我々が聞き返すと、
「うん。ちゃんとみんな片付けしたよ。」

我々夫婦は驚きました。
例え正論でも、この子が友達に向かって
しかも、複数の人たちに対して
正々堂々と自分の意見を言えるなんて。

いつのまにか、こんなにも成長していたんだ。
親として、子供をしっかりと信頼してやることが
この子のためなんだ。
と改めて感じました。

私達は顔を見合わせて
「これって、鏡の法則?」
とつぶやいてました。

そして、このタイムリーな不思議な経験は
私にとってはまだ序章だったのです。

その体験談はまた後日。

今日もポチッと一押しお願いします。
   ↓
FC2 Blog Ranking

鏡の法則を読んで

さて、前回のお話では、
偶然立ち寄ったある書店で
偶然にも一冊の本と出会ったお話をしました。

その本のタイトルは『鏡の法則』野口嘉則さんのご著書です。
今や、100万部突破の大ベストセラーです。

家に到着してから早速、鏡の法則を読み始めました。

なるほど、「読んだ人の9割が涙した」と書いてあるだけあり、
感激して大泣きしてしまいました。
(私も9割の人間に属していたようです。)

内容は、読んでいただければよくわかるのですが
自分の身の回りで起きる出来事は全て結果である。
結果は原因が引き起こしているのであって
その原因は、自分自身にあるのだ。
ということです。

つまり、自分の心の中の「原因」が現象化した「結果」が人生である。
これを「人生は自分の心を映し出す鏡」として鏡の法則と定義づけしているのです。

そして、人を赦すということが、どんなに大事なことか。
人に感謝するということが、どれだけ大切なことか。
をわかりやすく解説してありました。

私自身は特に、子育てで苦労しているわけでもなく
家庭も円満ですし、誰かを恨んでいるという気持ちもありませんでした。
が、しかし
人を信頼するということは大切だな
人に感謝する気持ちは大事だな
心穏やかに生活していくことが幸せなんだな
と心が洗われたのは事実です。

ひとしきり泣き終わり、落ち着いたところで
2階にいる妻のところへ行き
「この本すごくいいから読んでみれば」
と薦め。
一時間もしないうちに読み終わり、私と同じように涙したそうです。

そして、私と同様に
人への感謝の気持ち
人への優しさ
穏やかな心の持ち方
の大切さをしみじみ感じたと言ってました。

そして、この日の夜から私の周りでさまざまな不思議なことが巻き起こったのです。

今日はこの辺で。

こちらは、鏡の法則のコミック版です。


よろしかったらポチッと一押しお願いします。
    ↓
FC2 Blog Ranking

プロフィール

Author:吉野 成人
神奈川県在住
心の専門家。モチベーションデザイナー。

営業管理職を指導してきた経験や自身の経営経験をもとに、企業の人材育成を行うスペシャリスト。

自身もその奥深さを経験したという潜在意識を最大限に活用することで、人は今までの何倍、何十倍もの能力を発揮する、と提唱している。

潜在意識の領域を人材育成に組み込み「潜在意識を活用した人材育成術」という独自のメソッドを作り上げ、企業の業績アップは、人本来の持ち味である人間力を養い、モチベーションを上げることが一番の早道であるとして、講演や企業の研修を通じて人材育成を行っている。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。