スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本はメンター

年末も近くなってきたので、少しずつ大掃除の準備でもしておくおかぁ・・・
と思い、昨日から今日にかけて資料の整理やら引き出しや棚の片付けを行いました。

すると、今まで読んできた本が山積みされていたことに気づき
いい機会なので、本もキチンと整理して棚に片付けることにしました。

「この半年間でいろいろな本を読んだなぁ」
「一体何冊の本を読んだのだろう」
と思い数えてみました。

その数30冊でした。

5月の中旬に「鏡の法則」を読んでから今日までの約7ヶ月で30冊。
月平均4冊
週1冊のペースで本を読んだことになります。

約7ヶ月で30冊。週平均1冊という読書のペースを
多いと思うか、少ないと思うかは人それぞれだと思います。

しかし、私としては「多い」と言い切れると思います。
以前、私はさほど読書好きではありませんでした。
むしろ、嫌いだったかもしれません。
ですから、本は1年に1冊から2冊読む程度でした。
しかも、小説やエッセイなどをなんとなく気が向いた時に読んでました。

年に1冊程度しか読まなかった私が週1冊のペースで本を読むとは驚きです。
しかも、9割がビジネス書、自己啓発書です。

この変りようは自分でも驚いております。

本はメンターである。
本は著者が何年もの月日を費やして経験したことや学びを凝縮してある。
その学びをわずかな時間で教えてもらえるものである。
とつくづく感じます。

著者が伝えたいと思うことをいかにわかりやすく読者に伝えることを目的としている書物は本当に、私達のメンターとなり得るのです。

そして、読んだら読んだだけで終らずに
その本から学びとった何かひとつでも実行に移すことで
幸せな人生を送ることができるのではないでしょうか。

本はメンターである。
ということで、本日はこの本をオススメしたいと思います。

マーク・フィッシャー著
「成功の掟」
この本は続編として「成功の掟2」「成功の掟3」も出てます。
小説のように、物語風に仕上られてますので、
読みやすく、先が読みたくなってしまいます。
あっというまに読み終わることと思います。

本日もよろしければ、一押しお願いします。
    ↓
FC2 Blog Ranking


スポンサーサイト

theme : 成功する為に必要な事
genre : ビジネス

comment

Secret

プロフィール

吉野 成人

Author:吉野 成人
神奈川県在住
心の専門家。モチベーションデザイナー。

営業管理職を指導してきた経験や自身の経営経験をもとに、企業の人材育成を行うスペシャリスト。

自身もその奥深さを経験したという潜在意識を最大限に活用することで、人は今までの何倍、何十倍もの能力を発揮する、と提唱している。

潜在意識の領域を人材育成に組み込み「潜在意識を活用した人材育成術」という独自のメソッドを作り上げ、企業の業績アップは、人本来の持ち味である人間力を養い、モチベーションを上げることが一番の早道であるとして、講演や企業の研修を通じて人材育成を行っている。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。