スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

目標

先日のことですが、仕事である場所に向かっていました。

ある場所の住所はわかっていたので、パソコンから周辺の地図をプリントアウトして、いざ出発です。

普段は車での移動なのですが、その日は後のスケジュールにより
電車での移動です。

最寄の駅から徒歩で目的地に向かって歩き出します。

この交番のある道を右に曲がって・・・
ここで、線路を横断して・・・
方角的にはこっちの方だから、そろそろ左に曲がろう・・・
などと順調に目的地に向かって歩いていました。

しかし、いくら歩いても、住居表示は5丁目のまま
目的地は6丁目
う~む、、、困った。

細かい番地まで載っているような地図ではないので
今自分が地図上どこにいるのかがわからない。
住居表示を見ると、5丁目27番地
しかし、どちらに国道があり、どちらに対象物があるかもわからないため
道を右にいくべきか、左にいくべきか、見当もつかなくなってしまった。

地図はある、目的地の住所もわかる。現在地の住所もわかる
しかし、方向がわからない。
どちらに向かって歩いているかがわからない。
右?左?それともまっすぐ?

完全に道に迷ってしまったぁ~~~


これって、人生にも当てはまるような気がします。

目的地(やりたいこと・こうありたいと思う目標)
現在地(自分が今どのようなレベルなのか)
地図(達成させるためにどのような手順を踏めばよいか)

これが全てわかっていれば、順をおってやるべきことをやればよい。
(進むべき道を進めばよい)

なのですが、ここに落とし穴がありました。

自分の進んでいる道がどの方向なのか、正しいのかどうか?
(やるべきことは本当にこれでよいのか?)
という迷いです。

この迷いに一度入るとなかなか抜け出せなくなります。

しかも、この道の方が早いかも、というような近道を選択しようとするとなおさら迷います。
ぐるぐると歩いたのに、結局またもとの道に戻ってしまう。


私は結局、たまたま通りかかったおじさんに道を尋ねました。
一緒に地図を確認してくれて、
「この道をこっち、信号を右、しばらく行くとOOがあるからそこを左だね。」
おじさんありがとうございます。

そんなこんなでようやく目的地に到着しました。


自分の歩む人生の方向性をきちんと知らなければ、
目的地と現在地だけでは対処できないのですね。

そして、迷った時に相談できる人(メンター)がいれば
ちゃんと方向性を示してくれます。

しかし、その時にも目的地と地図は自分で用意しておかないと
おじさん(メンター)は道順を教えることができませんね。


そもそも、駅から国道を通って行く道順であれば
私は迷うことはなかったと思います。

国道を通る道は多少遠回りだと思い、住宅街のなんの目標物もない道を選択したがために迷ってしまったのですね。


【教訓】
遠回りのように見えても、結局は一番早く目的地に到着できるものである。
目標物(達成度合いの確認)を設定しないと、自分の位置もわからなくなる。


今日も、応援のポチッお願いします。
FC2 Blog Ranking


スポンサーサイト

theme : 生き方
genre : ライフ

comment

Secret

こんにちは。
初めてお邪魔にきました。
澤谷先生の養成講座でご一緒させていただきます。

自分の目的地を良く考え、迷わないために道順の確認、
地図を用意しないといけませんね。
私は、目的地はようやく見えてきたのですが、まだ、準備も何も出来ていません。
これから焦らずに1歩ずつ進んで行きたいと思います。

これから、よろしくお願いいたします。

さくらさん

こんばんは。

コメントいただきありがとうございます。

道順はひとそれぞれなのでしょうね。
遠回りと思えても、それが一番の道順ってこともありますもんね。
私も日々試行錯誤の毎日です。

こちらこそ、これからよろしくお願いします。

私も道に迷っている者です。
どこに何があるか分からない路地で道に迷っている。

大通りに出られれば安心なのですが・・。
まずは目標物をしっかり見据えないといけないです・・。

takatakaさん

おはようございます。

道に迷っていると思うと、本当に迷ってしまう。
そんな気がするんですよね。

右や左に曲がって、一見無駄なように感じる道も
実は、今の自分にとっては必要な道なのかもしれませんよね。

全てにおいて無駄なことはひとつもない。
このことを信頼すると、より目標達成が楽になるかもしれません。
プロフィール

吉野 成人

Author:吉野 成人
神奈川県在住
心の専門家。モチベーションデザイナー。

営業管理職を指導してきた経験や自身の経営経験をもとに、企業の人材育成を行うスペシャリスト。

自身もその奥深さを経験したという潜在意識を最大限に活用することで、人は今までの何倍、何十倍もの能力を発揮する、と提唱している。

潜在意識の領域を人材育成に組み込み「潜在意識を活用した人材育成術」という独自のメソッドを作り上げ、企業の業績アップは、人本来の持ち味である人間力を養い、モチベーションを上げることが一番の早道であるとして、講演や企業の研修を通じて人材育成を行っている。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。