スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美徳

先日、あることがきっかけで中学校の校長先生から話しを聞く機会が設けられた。
なんの話しかというと、「美徳」についてである。

美徳の言葉というものが52あるわけです。
例えば、「愛」「感謝」「和」「共感」といった言葉が記されているわけですが。
この美徳の言葉を使って、約2時間ほどのワークが行われたのです。

校長先生も含めて8人でのワークだったのですが
まず最初に、自己紹介。
ただ単に、自分の名前を述べるのではなく、

自分の姓か名のイニシャルに、良い冠言葉をつける。
例えば、「鈴木」という人であれば、「スマートな鈴木です。」
「みなこ」という人であれば、「魅力的なみなこです。」
といった具合。

そして、次のワークからが「美徳カード」の出番。
52枚のカードの中から、一人ずつ目を閉じて指先に集中してこれだと思うカードを1枚引くのです。
人それぞれ、違うカードを引いてるわけですが、ここからまた順番に自己紹介。
今回は、美徳カードの書かれている言葉と自分の名前を言う。
そして、2番目の人は1番目の人のカードと名前、そして自分カードと名前。
3番目の人は1、2番目の人のカードと名前と自分のカードと名前。
とどんどん増えていき8番目の人は自分以外の7個のカードと7人の名前を言うことになるわけです。
つまり、
「感謝の美徳を持った○○さんの隣の共感の美徳を持った△△さんの隣の尊敬の美徳を持った××さんの隣の情熱の美徳を持った◇◇です。」
といった具合です。
これが、難しいようで、結構覚えているところが不思議なことなのです。

次はそのカードに書かれている内容を読み
その内容と現在の自分を照らし合わせて皆さんと共有する。
というワーク。
不思議と皆さん、自分になんらかの影響を持ったカードを引き当てていました。

ちなみに、私は「情熱」というカードを引いたのですが・・・
2,3ヶ月前から情熱的に打ち込んできた仕事が実を結びそうな段階にきていたり
本やセミナー等を通してポジティブな自分に変わってきたところだし
まさに、選ぶべきして選んだカードという感じでした。
きっと引き寄せたのだと思います。

他の皆さんもそれぞれ、自分自身にピッタリのカードを引き当てていました。

そして、最後に
手のひらに「気」を集め、他の方達にそれぞれ、その「気」を共有するワーク。
手のひらに温かさが伝わってきました。
今この場にある良い「気」を全員で共有したということです。

あっというまの約2時間でしたが、有意義な素晴らしいワークを通じ皆さんと幸せを共有できたことに感謝した時間でした。

今後、これをシリーズ化して月2回程度のペースでご教授いただけることになりました。
2回目が今から楽しみです。

今日も、よろしければポチッと一押しお願い致します。
    ↓
FC2 Blog Ranking

スポンサーサイト

theme : 成功する為に必要な事
genre : ビジネス

comment

Secret

同期ですね

こんにちわ。初めまして!履歴からやってまいりました。
澤谷先生の養成講座の一期生になられたのですね。
実は、私もです。
同期として、一緒に研鑽いたしましょうね。
「情熱」のカードを引かれたとのことで、未来を暗示しているようですね!

(私のブログは忙しいのでコメント欄を閉じています)

ありがとうございます

ハーモニーさん、初めまして。
コメントいただき、ありがとうございます。
とても、うれしいです。

そうですか、養成講座一期生ですか。
同期として、がんばりましょう。
気づいたことや、経験なさったこと等いろいろ教えてくださいね。
お会いできる日を楽しみにしています。
プロフィール

Author:吉野 成人
神奈川県在住
心の専門家。モチベーションデザイナー。

営業管理職を指導してきた経験や自身の経営経験をもとに、企業の人材育成を行うスペシャリスト。

自身もその奥深さを経験したという潜在意識を最大限に活用することで、人は今までの何倍、何十倍もの能力を発揮する、と提唱している。

潜在意識の領域を人材育成に組み込み「潜在意識を活用した人材育成術」という独自のメソッドを作り上げ、企業の業績アップは、人本来の持ち味である人間力を養い、モチベーションを上げることが一番の早道であるとして、講演や企業の研修を通じて人材育成を行っている。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。