スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最後の授業

先日、澤谷先生の養成講座一期生の方から
「最後の授業」を教えていただきました。


『最後の授業』
今日の次には明日が来て、その先にも新しい日が待っている。そうやって、当たり前のように人生はつづいていく。
しかし、これから先もずっとつづくと思っていたその人生に「終わりの時」があると知ったとき、あなたは何を考えるだろうか――。


ご興味のあるかたはこちらからご確認ください。



先日、人生の目的という記事で

今当り前の生活をしていること
今生きて、生かされていること
今日が終ればあたりまえに明日がくること
こんなことが実は本当のしあわせなのだと思います。

ということを書かせていただきました。
私はまだ「最後の授業」の本も読んでいませんし動画もみていません。

当たり前のように明日がくる、と思って生活していますが
それが、当たり前ではないと知った時
私たちはどのように、残りの人生を過ごすでしょうか。
そんなことを考えさせられる機会を与えられるのではないかと思います。

当たり前だと思っていることは実は当たり前ではなく
当たり前ではないという真実を知ったとき
当たり前な生活にしあわせを見出せるのかもしれません。

今の当たり前がしあわせであること、我々が認識すること、
それを、この「最後の授業」は教えてくれるのかもしれませんね。


まだ読んでもいない本の話をブログに書くのもなんですが・・・
少しでも早く皆さんに情報をお届けしたくて、今日の記事にしました。



応援のポチッお願いします。
FC2 Blog Ranking



スポンサーサイト

theme : 生き方
genre : ライフ

comment

Secret

No title

情報有り難うございます。

是非、見てみたいです。

当たり前の・・・

この普段何気ない当たり前が、いかに幸せなことか・・・

私は、デールカーネギーの「道は開ける」という本で学びました。

吉野さんのブログで再度認識できました。

実は、合見積もりのお客様から、先ほど受注を条件に、大幅な値引きのお話が出たのですが、勇気を出してお断りしました。

再度ご連絡するということですが、たぶん・・・。

でも、元気が出ましたよ。

自分の信じた道を突き進んでいきます。

最後の日であったとしても、後悔したくないので。

gonsukeさん

>実は、合見積もりのお客様から、先ほど受注を条件に、大幅な値引きのお話が出たのですが、勇気を出してお断りしました。

そうですか、思い切りましたね。
でもきっと良い結果に結びつくのではないでしょうか。
受注しても失注してもすべては良い結果なのでしょうね。

1年ほど前に私は6千万円クラスの工事を失注した経験があります。
99%受注確定していた物件だったのですが・・・
でも結果的には、この工事を失注したおかげで、今の私があるのです。
その時に出会った一冊の本がきっかけで、このような成功法則や精神論、潜在意識活用について学ぶことができたのです。
工事失注がなければ本を読むこともなかったのです。

すべてにおいて、なにかのメッセージがあると言いますが、
>自分の信じた道を突き進んでいきます。
この考え方が大事なのでしょうね。

当たり前の幸せを大事にしたいですね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

吉野 成人

Author:吉野 成人
神奈川県在住
心の専門家。モチベーションデザイナー。

営業管理職を指導してきた経験や自身の経営経験をもとに、企業の人材育成を行うスペシャリスト。

自身もその奥深さを経験したという潜在意識を最大限に活用することで、人は今までの何倍、何十倍もの能力を発揮する、と提唱している。

潜在意識の領域を人材育成に組み込み「潜在意識を活用した人材育成術」という独自のメソッドを作り上げ、企業の業績アップは、人本来の持ち味である人間力を養い、モチベーションを上げることが一番の早道であるとして、講演や企業の研修を通じて人材育成を行っている。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。