スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

割り箸と環境保護

おはようございます。
昨日夜福岡から戻りまして、今久しぶりに自宅から更新しております。
本日は午後から京都です。
明日、明後日、澤谷先生の人材養成講座 夏の集合研修を受けるためです。

今週はいろんな行事が目白押しで大変充実しています。


さて、一昨日福岡である方と会食中にこんな話がありました。

「日本で一年間に消費する割り箸は何膳でしょう?」
という質問を彼が投げかけてきました。

その場にいた全員が思い思いにいろんな数字を列挙しておりましたが・・・


答えは260億膳だそうです。
すごい数字ですよね。

そして、この260億の割り箸が消費されているために
中国で毎日3,000本の白樺が伐採されているそうです。
毎日3,000本ですよ。

地球温暖化防止、環境保護といわれていますが
毎日3,000本もの木が伐採されているなんてことを聞くと
とんでもないことだと思ってしまいます。

そして今、一部の方が割り箸の消費を少しでも抑えようとして
「マイ箸」を持ち歩いて外食の時にも自分の箸を使用しています。

最近では、外食先でも割り箸を使用していないお店も増えてきていますね。

出来ることから少しずつでも環境保護に貢献することはいいことですね。
先ほどの数字から逆算すると
一人の人が「マイ箸」を持ち歩き、割り箸を使用しなくなると
年間250膳の割り箸消費を抑えることになります。
もちろん、外食の多い方少ない方で差は発生しますけどね。

俺一人がやってもたいしたことないから・・・
私がいくら頑張ったところで意味ないわ・・・
と考えてしまいがちですが、
一人一人の行動が大事だと思うのです。
1人の行動が周りの3人の意識と行動を変え、
そのそれぞれ3人の行動がまた3人が行動を変え、
というように共感した人が増えることによる効果が望めるのではないかと思うのです。


最後に彼はこんなことを言っていました。
「無力はなにも生まないが微力は世の中を変える」
なにもしないよりは、たとえ小さなことかもしれないけど少しずつ行動することが大事なのかもしれませんね。


ブログランキング参加中です。
FC2 Blog Ranking


スポンサーサイト

theme : 生き方
genre : ライフ

comment

Secret

No title

吉野さん

共感いたします。

私も「箸よく盤水を回す」という言葉が好きです。

意味はご存知かもしれませんが、

・・たらいの中の水を箸一本でかきまぜても、箸だけが回って変化はないが、根気良く続けていると段々と中の水が回り、やがて大きな渦になる

小さな努力を重ねていると大きな成果になる

というたとえです。

イエローハットの鍵山相談役の講演で聞いてから、私の座右の銘になりました。

gonsukeさん

一人の力もいずれは大きな力になっていくのでしょう。
小さなことでも諦めずに続けていきたいものですね。

講演を聞いてすぐに自分のものにしていく姿勢は素晴らしいですね。
プロフィール

吉野 成人

Author:吉野 成人
神奈川県在住
心の専門家。モチベーションデザイナー。

営業管理職を指導してきた経験や自身の経営経験をもとに、企業の人材育成を行うスペシャリスト。

自身もその奥深さを経験したという潜在意識を最大限に活用することで、人は今までの何倍、何十倍もの能力を発揮する、と提唱している。

潜在意識の領域を人材育成に組み込み「潜在意識を活用した人材育成術」という独自のメソッドを作り上げ、企業の業績アップは、人本来の持ち味である人間力を養い、モチベーションを上げることが一番の早道であるとして、講演や企業の研修を通じて人材育成を行っている。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。