スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いじめ問題

ボクシング世界チャンピオンの内藤大助さん。
内藤大助物語
~いじめられっ子のチャンピオンベルト~
というドラマが昨日放映されましたね。
ご覧になられた方も多いのではないかと思います。
内藤大助さんの原作をドラマ化したものです。

ご存知の方も多いと思いますが、
内藤さんは子どもの頃、ものすごいいじめにあっていました。
そのことをバネにボクシングを始めて世界チャンピオンになった方ですね。

昨日のドラマの中でもいじめのシーンがありましたが
いじめられていることを、どうしても周りにいいだせない。
またいじめられるとわかっているから、立ち向かうこともできない。
そんな感情をうまく描写していたのではないかと思います。

ドラマの中でてくるいじめられてくる小学生の少年に向かい
「強くなれとか負けちゃだめだとか、あきらめるな。
と大人は言うけど、それができれば苦労しないよな。」
と語りかけているところがありましたが、
いじめられっ子の心境というのは、あれが本音なのだろうと思いました。

今でも多くいじめが水面下では起きていると思います。
子どもたちはそれを、大人に報告することはしないようです。
一人で悩み、一人で苦しんでいるのです。
その苦しみにいち早く気づいてあげることが
我々大人に課せられた課題なのでしょうね。

ドラマの最後で
今いじめられている子どもへ向けた言葉が発信されていました。
いじめられていても、いつかは状況がかわる。
変えることができる。
そのことを信じてほしい。
だから、いじめに負けてはいけないのだ。
というようなメッセージだったと思います。

いつまでたってもいじめはなくならないようですね。
昨日のドラマや原作を見て、いじめ問題がひとつでも少なくなればいいのですが。




ブログランキングに参加中です。
FC2 Blog Ranking


スポンサーサイト

theme : こころ
genre : 心と身体

comment

Secret

そうですよね。ドラマは見逃してしまいましたが、私にも、六年生になる娘が居るので、心配はあります。ちょっとした、子供からのサインを見逃す事がないようにしています。少しでもイジメがなくなるといいですね。

N.Mさん

いじめに関わらず、子供はなにかサインを出しているのでしょうね。

そこに気づいてあげられるかどうか?
そして、きちんと感じ取って、向き合っていれば
子供も安心するのでしょう。

しかし、いじめ問題は一向になくならないですね。。。

こんにちは!

いじめはストレスだと思います。
動物の世界にもいじめは存在します。
人間社会と全く同じです。

いじめを無くそうと考えたら
社会のつながりを増やすしかないと思います。

いじめは閉鎖的空間で必ず起こります。
だとすると、その空間を広げればいいのです。

子供同士、親同士、職場同士。
狭い人間関係はいじめが起き易いと考えます。

社会がつながりをもっと持てるように。
私は犬を通して
この問題を少しでも解決したいと考えています!

No title

こんにちわ
いじめですか
いつの時代にもあります
いじめだけの解決はない
世の中がいじめをすることは恥ずかしいと
思わなければ解決しない。
しょうがないいじめなどない
家庭内暴力、虐待、体罰
この原因をなくさないと
ストレスを減らさないと
目標を見つけてあげる
憧れる大人になる
いじめている時間がもったいない
そう思わせないと解決しない
がんばりましょう

優希さん

閉鎖的空間で起こる。
というのは、そうかもしれませんね。

社会のつながりを増やしていくことは大事なことですよね。

犬を通しての問題解決、期待しております。

滝英樹さん

こんにちは。

なくすということは、なかなか難しいのかもしれませんね。
いろんな要因が絡み合っているのでしょうね。

多かれ少なかれ、大人の世界でも存在しますからね。
もっと、心豊かになればいいと思うのですが・・・。

今の子どもたちのいじめは陰湿なだけに始末が悪いですね。
少しでも減らせるよう、自分にできること、
幸せの輪を広げることが大事なことかもしれませんね。
プロフィール

吉野 成人

Author:吉野 成人
神奈川県在住
心の専門家。モチベーションデザイナー。

営業管理職を指導してきた経験や自身の経営経験をもとに、企業の人材育成を行うスペシャリスト。

自身もその奥深さを経験したという潜在意識を最大限に活用することで、人は今までの何倍、何十倍もの能力を発揮する、と提唱している。

潜在意識の領域を人材育成に組み込み「潜在意識を活用した人材育成術」という独自のメソッドを作り上げ、企業の業績アップは、人本来の持ち味である人間力を養い、モチベーションを上げることが一番の早道であるとして、講演や企業の研修を通じて人材育成を行っている。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。