スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夢と感動

昨日の記事では、ビジネスパートナーと一緒に会議を行った時の話をもとにクリエイティブな発想をいかに考え出すか?
それには、人を喜ばせることを楽しむ。
そして、自分自身もわくわく楽しむ。
ということを書かせていただきました。

先日、あるスナックで飲んだときにママさんと、
人を喜ばせるには?
とか
特別ってなに?
というような話をしていました。

ここのママは、しっかりとした考え方を持っていますし
前向きな方なので、私としても非常に信頼している方です。

そこでの会話で本質的な部分での気づきがありました。
飲み屋さんって、人と人との関わりが直接的に反映される商売だと思っています。
そこで、働いているスタッフの方たちは、多かれ少なかれ自分なりの接客方法を試行錯誤しながら決めていくのでしょうね。
そこには、表面的なスキルはいろいろと存在するようですね。

名前を覚える、食べ物の好き嫌い、趣味、などを覚えておく。
もちろんそこにフォーカスした会話をする。
というようなスキルを持っていると、場を盛り上げることも出来ますし
お客さんの満足度は上がっていくのでしょう。

しかし、よくよく考えてみてください。
これって、別に飲み屋さん特有のスキルではありませんよね。
ビジネス上にも適用される話です。
担当者の名前を覚えることはもちろんですし、
2回3回と面談の回数を重ねていくと、直接的な商売上の話ではなく
寿司が好きとか、焼肉が大好き、イタリアンの店にはあまり行かないみたいだ。
などの食べ物の嗜好もわかりますし。
休日はよくドライブしている。冬はスノボにはまっている。
なんて趣味の話も出てきます。

相手のことをよく知りたいと思う衝動がそうさせているわけですね。
そのように、会話が個人的なお話いなればなるほど、親密感が沸いてくるものです。
私は、顧客に限らず業者さんや、初めてお会いした人も含めて、
なるべく早く名前を覚えて、名前で呼ぶようにしています。
決して「社長」とか「部長」とか役職では呼ばないようにしています。
役職で呼ばなければ失礼な場合は、「OO社長」というように
名前(苗字)に役職をつけて呼ぶように心がけています。
人は皆、自分が好きなんですね。
だから、名前を覚えてくれているとうれしものなんです。

話を戻しますと、ビジネスだけの付き合いしか頭の中にないと
決して、個人の部分を深く知りたいと考えないものです。
ビジネスはビジネスと割り切ってしまうのは、ちょっと寂しい気がしますね。
まずは、お互い人としてよく知り合いましょう。
というのが本質なのではないかと思います。

飲み屋さんは、そのあたりが如実に現れる世界でしょうね。
ですから、当たり前のように、「まずは、人を知ること」から始めるのがスキルとなっているのではないかと思います。


「では、人を知る。人として付き合うためにはなにかコツはありますか?」
と質問する私に、
「会話した内容を忘れないことかなぁ。。。」
とさらりと答えてくれました。

なにげない会話の中に
生まれ故郷、誕生日、趣味、特技、好きな歌、好きな食べ物・・・・・・・・・
いろんな情報がありますよね。
それをきちんと覚えておくこと。
そして、その覚えている内容を反映したサービスを行うことで
顧客への本当のサービスが出来ると思います。

人と人とのつながりというものは、そんなちょっとしたから始まるのかもしれませんね。
相手の心だけではなく、全てを理解しようとする姿勢。
これが大切なのでしょう。



応援お願いします。
FC2 Blog Ranking


スポンサーサイト

theme : 生き方
genre : ライフ

comment

Secret

プロフィール

吉野 成人

Author:吉野 成人
神奈川県在住
心の専門家。モチベーションデザイナー。

営業管理職を指導してきた経験や自身の経営経験をもとに、企業の人材育成を行うスペシャリスト。

自身もその奥深さを経験したという潜在意識を最大限に活用することで、人は今までの何倍、何十倍もの能力を発揮する、と提唱している。

潜在意識の領域を人材育成に組み込み「潜在意識を活用した人材育成術」という独自のメソッドを作り上げ、企業の業績アップは、人本来の持ち味である人間力を養い、モチベーションを上げることが一番の早道であるとして、講演や企業の研修を通じて人材育成を行っている。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。