スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

物事の捉え方

問題は問題ではない。
問題だと思う心が問題なのだ。

これは、師匠である澤谷先生がよくおっしゃる言葉です。

目の前の現象は単なる出来事であり、その出来事をどのように捉えるかが重要であるということです。

嫌な出来事、痛みを感じる出来事に見える事柄も
心の持ち方、物事を見て捉える心で、それは、良くも見え、悪くも見えるわけです。

悪いこと、嫌なこと、問題だ、と思い物事を見れば、それは悪いこととして映ります。
しかし、この出来事はなにか意味のある出来事であり、特別に悪いこととは思えない。
といった見方をするだけで、気持ちは180度変わってしまいます。

なにかが起きた時に人は
うれしい、悲しい、楽しい、つまらない、せつない、ラッキー
などの感情を抱きます。
しかし、物事や出来事そのものには、「良い」も「悪い」もないのではないでしょうか。

自分自身が「良い」と思えば良いことです。
「悪い」と思えば悪いことになってしまいます。

その時の置かれた立場によっても、出来事の良し悪しの判断基準は変わってきます。

雨が降って、せっかくの外出なのにつまらない、とか嫌な気分になる場合もあるでしょう。
しかし、雨が降ったから、新しい傘をさすことが出来ると捉える人もいるでしょう。

このように、現象は「雨が降っている」ということであり、
その現実をどのように捉えて、考え、行動するか。
これが重要な要素であると考えます。

このような、日常生活で起きる事柄は、比較的わかりやすく
説明すれば、誰でも簡単に理解できることです。
しかし、この問題が、複雑になり抱えている出来事が人生における一大事と思えるようなことになると、人は慌ててしまいます。

本当は、単純なことなのに、自らが複雑にしてしまっているケースがあると思います。

複雑に絡み合った糸も、ひとつずつしっかりとほぐしていけばいつかは、まっすぐな一本の糸になります。
そのほぐし方を一緒になって探し出すということが
我々カウンセラーの仕事なのでしょう。


自らの複雑に絡み合った糸をお持ちの方、
人生をシンプルに幸せに生きていこうとお考えの方、
カウンセリング受付中です。

yoshino#clive.co.jp(#を@に置き換えてください。)


スポンサーサイト

theme : こころ
genre : 心と身体

comment

Secret

プロフィール

吉野 成人

Author:吉野 成人
神奈川県在住
心の専門家。モチベーションデザイナー。

営業管理職を指導してきた経験や自身の経営経験をもとに、企業の人材育成を行うスペシャリスト。

自身もその奥深さを経験したという潜在意識を最大限に活用することで、人は今までの何倍、何十倍もの能力を発揮する、と提唱している。

潜在意識の領域を人材育成に組み込み「潜在意識を活用した人材育成術」という独自のメソッドを作り上げ、企業の業績アップは、人本来の持ち味である人間力を養い、モチベーションを上げることが一番の早道であるとして、講演や企業の研修を通じて人材育成を行っている。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。