スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手放す

手放すということがとても大事なことであることに気づきました。

なにか、気になることや不安に思うことにぶつかると、
どうしても、そのことを考える時間が多くなります。
この件については、次はこのような手を打って
次のステップとしてはこれをやって、
もし、こんなことが起きてしまったなら、対処法はこれだ。
というように、頭の中でシミュレーションしてしまいます。

その時に、
こんなハプニングがおきたら
思っているほどうまくいかなかったら
と考えてしまいます。

そして、それをかき消すかのように
また、新たなシミュレーションを行います。

まだ、現実にはなんも起きていないことに対して・・・。

いくらシミュレーションしても、また新たな不安が頭をもたげる。
このような悪循環のループにはまってしまうことがあるものです。

今現在は何事も起きていないのだから、
不安に思う必要はない、と考える。
あるいは、不安要素を取り消すことを考えだす。
これこそ、さらに不安ループにはまってしまう落とし穴なのです。

いくら打ち消そうとしても、根底に不安が残っていれば
あがけばあがくほど不安にフォーカスされます。

そこで必要になってくるのが、
「手放す」ということです。

これは、なにも考えないようにしようとしても出来るものではありません。
手放すためには、充分感情と向き合う必要があります。

私は、今このことで不安に思っている。
不安に感じている。
と自分自身の感情を素直に受け取ることです。

そうすることで、その感情を手放すことができるのです。
自分の感情がイヤだ、と逃げずに、
私は不安に思っている、と認めることが重要です。

そして、不安な感情に対して、「ありがとう」
充分に感じ取ったから、もういらない。
と自分自身に語りかける。
そして、手放す。


不安な感情やネガティブな感情というものは
とかく、良くない感情と捉われますが
実は、ネガティブでもポジティブでもどちらの感情も大切なのです。

極論を言えば、どちらもOK!

そのことを認めてあげて、充分に自分と向き合うことがとても大切だったりします。

自己啓発のビジネス書などには
プラス・ポジティブというもので、常に維持しておくように書いてあるものも多数存在しますが・・・
実は、人間である以上それは不可能なことです。

感情に捉われて、その感情に惑わされる気持ちが、事態を悪化させているのです。
自分の感情を全て認め、その感情を手放した時にニュートラルな心になっていくものです。

「手放す」とても大切なことですね。


スポンサーサイト

theme : 幸せになる考え方
genre : 心と身体

comment

Secret

プロフィール

吉野 成人

Author:吉野 成人
神奈川県在住
心の専門家。モチベーションデザイナー。

営業管理職を指導してきた経験や自身の経営経験をもとに、企業の人材育成を行うスペシャリスト。

自身もその奥深さを経験したという潜在意識を最大限に活用することで、人は今までの何倍、何十倍もの能力を発揮する、と提唱している。

潜在意識の領域を人材育成に組み込み「潜在意識を活用した人材育成術」という独自のメソッドを作り上げ、企業の業績アップは、人本来の持ち味である人間力を養い、モチベーションを上げることが一番の早道であるとして、講演や企業の研修を通じて人材育成を行っている。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。