スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛ある行動

美徳の会が催されました。
この会は中学校の校長先生と保護者数名が1~2か月に一度集まり、
校長からのありがた~いお話を聞き、学びを深めていくというもの。
今回で7回目くらいの開催でしょうか。

そんな中、不登校の生徒の話題になりました。

実は、先日・・・
と話し始めた校長の話に感動しましたので、ここでちょっとご紹介します。


つい先日、ある不登校の生徒が登校し始めたのだそうです。
まだ、みんなと同じ教室で勉強する、ということは出来ないので
別室での対応のようなのですが、ずっと不登校だった生徒が登校してくる
というのは、なんとも素晴らしいことだと思いながら、耳を傾けておりました。

校長はとてもうれしくなり、その生徒をギュッと抱きしめたそうです。
「本当によく学校へ来てくれたね。とてもうれしいよ。」
そう言いながら、涙があふれてきたと言います。

実は、その涙の理由は・・・
生徒が学校へ来てくれたうれし涙であることは当然なのですが。
このように学校へ来るまでの担任の苦労を知っていたからなのです。

担任の先生は、登校するために、いろんなことをしていたようです。
学校に慣れてもらうために、毎日夕方6時から夜の8時まで、
生徒とトランプやオセロなどゲームをしてあげて、一所懸命に生徒のために尽くしていたそうです。
まさに、先生と生徒の二人三脚ですね。

授業が終わり、事務処理や明日の授業の準備で忙しい放課後
しかも夜遅くまで、毎日毎日生徒のためを思い
真剣にその生徒と向き合っていたといいます。

校長先生は担任の行動を見て、知っていたのですが。
担任からは、特になんの報告もなかったといいます。

これだけのことをやって努力しています。
という自己アピールでもない。なんの損得も考えずに
真剣に愛を持って生徒と向き合ったのでしょう。

だからこそ、その生徒に届いたのかもしれません。

毎日毎日、愛を持って生徒と向き合った先生。
それに応えるように、勇気を持って登校してきた生徒。
そのことを思うと涙が止まらなかったと校長は言ってました。

いまどき・・・という表現があっているかどうか、わかりませんが。
本当に素晴らしい素敵なお話だと思いました。

教育に対して不適切と思われるような人間性を持った教師もいます。
毎日の仕事を毎日作業のようにこなすだけの教師もいます。
そんな中、このような話をお聞きして、
人間ってやっぱり素晴らしいな。
世の中まだまだ捨てたものじゃない。
なんて、勝手に思い考えていました。


校長先生は担任にこんなことを言ったそうです。

「私は、あなたに、『努力が実を結びましたね』とは言いません。『あなたの愛が届きましたね』と言います。」


全ては愛なのでしょう。


そして、担任の先生も自分の行動を苦労とも努力とも思っていないのだと思います。


スポンサーサイト

theme : 生き方
genre : ライフ

comment

Secret

プロフィール

吉野 成人

Author:吉野 成人
神奈川県在住
心の専門家。モチベーションデザイナー。

営業管理職を指導してきた経験や自身の経営経験をもとに、企業の人材育成を行うスペシャリスト。

自身もその奥深さを経験したという潜在意識を最大限に活用することで、人は今までの何倍、何十倍もの能力を発揮する、と提唱している。

潜在意識の領域を人材育成に組み込み「潜在意識を活用した人材育成術」という独自のメソッドを作り上げ、企業の業績アップは、人本来の持ち味である人間力を養い、モチベーションを上げることが一番の早道であるとして、講演や企業の研修を通じて人材育成を行っている。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。