スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

部下育成の事例

昨日は、人の価値観による、他人の評価や印象のお話しをさせていただきました。

今日は以前私が経験した事例をお話しします。

私は以前某大手住宅資材メーカーに勤務しておりました。
私が、とある営業所の所長だった時の話です。

ある営業マンが得意先へ一生懸命売り込みをしているにも関わらず
どうしても、思うような成果が上がりません。
当時、いろいろな商材を扱っていたのですが、ある商材については
その得意先へのインシェアが0だったのです。

この時の私が彼に対する評価は
営業経験も少ないし、押しが弱い
得意先に対して、こちらのメリットを充分に伝えきれていないのではないか?
同行しても、あまり積極的に売り込んでいる様子はない。
今ひとつ、営業スキルという面で不足しているのではないか?
という評価でした。

担当を変更するべきか否か真剣に考えてもいました。

ところが、ある日彼にチャンスが訪れました。
得意先から見積の引き合いがあったのです。

なぜ、急に引き合いがもらえたのかわかりませんが、
きっと、彼が足繁く誠実に通い詰めたからだと思いました。

それまでの私であれば、
まずは、これをこうして
次に進むステップはこうだ。
用意するものは、これとあれ。
といったように、このチャンスを逃すまいと
営業経験の少ない彼に指示をしたことでしょう。

・・・ですが、この時の私は違いました。
確かに、時間はかかったが
彼の活動が実を結んだもの。
得意先にしてみれば、なんらかの魅力を彼に感じたから
引き合いを出したのだろ。
そのなんらかの魅力は私には見えなくて、得意先には見えているもの。
という思いが頭を駆け巡りました。

そこで、私は彼に
ここまできたのも、おまえの実績だ。
自分なりに良いと思う方法で対応してみてくれ。
自信を持って望んでくれ。
と伝えました。

その後、彼は自分なりに創意工夫をして
見事、その得意先から商品を受注することができたのです。

後日彼はこう言っていました。
「あの時所長に、自信を持って好きにやってみろと言われたから、出来ました。
所長が信じてくれているということが、励みになり自信になりました。」

このことで自信をつけた彼はその後もいろいろな実績を収めて素晴らしい営業マンになりました。

私から見た彼はわたしの価値観を通した評価であり、
得意先から見た彼は得意先の価値観を通した評価だったわけです。

私が一方的に私の価値観だけを押し付けていたら
きっとうまくいかなかったことと思います。

さらに、彼にも良さがあることを認めてあげて、信じたことにより
彼は自信をつけました。
部下を信じて、成功を収めた時ほど、上司にとってうれしいことはないですよね。
人それぞれ良さがある。

ビジネスだけではなく、普段人に接するときに肝に銘じておきたいことですね。


今日も、応援お願いします。
    ↓
FC2 Blog Ranking




スポンサーサイト

theme : ビジネス
genre : ビジネス

comment

Secret

プロフィール

吉野 成人

Author:吉野 成人
神奈川県在住
心の専門家。モチベーションデザイナー。

営業管理職を指導してきた経験や自身の経営経験をもとに、企業の人材育成を行うスペシャリスト。

自身もその奥深さを経験したという潜在意識を最大限に活用することで、人は今までの何倍、何十倍もの能力を発揮する、と提唱している。

潜在意識の領域を人材育成に組み込み「潜在意識を活用した人材育成術」という独自のメソッドを作り上げ、企業の業績アップは、人本来の持ち味である人間力を養い、モチベーションを上げることが一番の早道であるとして、講演や企業の研修を通じて人材育成を行っている。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。