スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恐れや不安

今日は、少し精神論的なお話をしたいと思います。

恐れや不安のなくし方です。

誰もが、将来に対しての不安や恐れというものを感じながら
生きていることと思います。

ところが、この不安や恐れというものが
非常に厄介なものでして
不安や恐れがあるから心にブレーキがかかってしまうのです。

以前の私もそうでした。
なにか、大きなビジョンを描いても
はたしてうまくいくだろうか?という不安
失敗したらどうしよう?という恐れ
こんな気持ちが頭の中をよぎるわけです。

もっと、現実的なところでは
明日大事な会議に遅れたらどうしよう
朝、寝坊したらどうしよう
楽しみにしている旅行の日に風邪ひいたらどうしよう
大きな病気にかかってしまったらどうしよう
このような、不安や恐れは考え出したらきりがないほどでてきます。

ただ、今一度考えてみてください。
上にあげた例は一例にすぎませんが
どれも、まだおきてもいないことばかりですし
その前兆すらなにもない状況です。

起きてもいない不安なことをイヤなことばかり考えても仕方のないことです。
ましてや、不安になることやイヤなことばかり考えていると
そのこと自体にフォーカスされてしまい、実際にイヤなことを引き寄せてしまいます。

もちろん、人間は毎日生活していく過程において
不安なことや恐れを感じることもあります。
しかし、その時に不安や恐れに焦点をあてるのではなく
今出来ることに集中する。
今やれること、今やるべきことを一所懸命やることが大事なのではないでしょうか。

引き寄せの法則や思考と現実の法則は
心の中、頭の中に描いたものが現実となって引き寄せてしまう。
ということです。

いつも、会議に遅刻する人は
「会議に遅刻したくない。遅刻しないように」
といつも、考えています。
そうすることで「遅刻」というものにフォーカスされて
「遅刻」が現実のものとなってしまう。
急な電話、思わぬハプニング、交通渋滞 等
これらは、全て「遅刻」のために必然に引き寄せているのです。

ところが、いつも遅刻しない人は
「遅刻」というものを考えもしないので
「遅刻」をしません。
なにか、突然のハプニングが起きて
出発が遅れても、なぜか不思議と間に合ってしまうのです。
いつも混んでいる道が空いていた、会議の開催が30分遅くなった 等
「遅刻」をしなくてすむことが必然的に起きるのです。

「遅刻」という日常的な不安についても
このようなことがいえるのです。

起きてもいない、架空のことに不安や恐れを感じているより
今出来ることに、集中することが大事だと思います。

そんな私も不安や恐れを感じること、しばしばありますけどね。(^o^;)


今日も応援クリックお願いします。
不安や恐れを払拭しながら、クリックしてみてくださいね。
    ↓
FC2 Blog Ranking




スポンサーサイト

theme : 生き方
genre : ライフ

comment

Secret

プロフィール

吉野 成人

Author:吉野 成人
神奈川県在住
心の専門家。モチベーションデザイナー。

営業管理職を指導してきた経験や自身の経営経験をもとに、企業の人材育成を行うスペシャリスト。

自身もその奥深さを経験したという潜在意識を最大限に活用することで、人は今までの何倍、何十倍もの能力を発揮する、と提唱している。

潜在意識の領域を人材育成に組み込み「潜在意識を活用した人材育成術」という独自のメソッドを作り上げ、企業の業績アップは、人本来の持ち味である人間力を養い、モチベーションを上げることが一番の早道であるとして、講演や企業の研修を通じて人材育成を行っている。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。